[特設ページ] 太陽光

2024年1月16日

in English

太陽光発電の世界の導入量は2022年に過去最高の243GWを記録し、累積導入量は1,185GWに達しました。国際エネルギー機関は更に急速な拡大を予測しており、2030年代には毎年800GW以上が導入され、2050年には世界全体の電力の41%が太陽光発電で供給されると予測しています。拡大の最大の理由は発電コストの劇的な低下です。こうした世界の動向に反し、日本での毎年の導入量は減少傾向にあります。しかし、世界に比して割高だった太陽光発電コストも、2023年末には1kWhあたり8円を切る案件も出てきています。ルーフトップや耕作放棄地の活用などで、導入拡大を進めることが重要な課題です。

 

Highlights

2023年2月28日 報告書
蓄電池が自然エネルギーを推進:太陽光や風力の電力を有効活用
2022年6月22日 コラム
世界をリードするカリフォルニアの建築脱炭素政策:太陽光発電+蓄電池設置義務の進展
西田 裕子 自然エネルギー財団 シニアマネージャー(気候変動)
2022年6月10日 コラム
ドイツ ベルリンにおける太陽光発電設備の設置義務化に関する政策と条例
一柳 絵美 自然エネルギー財団 研究員
2022年6月9日 インフォパック
東京都が提案する「住宅メーカーへの太陽光発電の設置義務化」を考える
2021年9月8日 報告書
日本の太陽光発電のコスト構造分析2021
2021年7月5日 コラム
[統計を読む] 太陽光発電、日本市場は安定するもコスト低下が進む
木村 啓二 自然エネルギー財団 上級研究員
2020年11月27日 研究レポート
風力発電と太陽光発電の出力特性と両者の出力相関:両者合計の系統連系容量は送電設備容量の1.5倍可能
2020年10月15日 コラム
中国、風力発電・太陽光発電のコスト低下でFiT卒業へ
王嘉陽 自然エネルギー財団 上級研究員
2020年7月22日 コラム
九州エリアにおける太陽光・風力発電の出力抑制に関する分析結果と出力抑制電力量率の低減策(2020年版)
斉藤 哲夫 自然エネルギー財団 特任研究員
2019年7月23日 報告書
日本の太陽光発電の発電コスト:現状と将来推計
2019年7月16日 コラム
九州エリアにおける太陽光・風力発電の出力抑制に関する分析結果:出力抑制電力量率はさらに低減できる(2019年版)
斉藤 哲夫 自然エネルギー財団 特任研究員
2019年7月17日 提言
再エネ特措法改正に対する提言
2019年1月7日 提言
持続可能な太陽光発電拡大のために
2018年6月11日 報告書
自然エネルギー発電コスト低減への制度的課題: 改正FIT法に焦点をあてて
2017年8月10日 報告書
固定価格買取制度5年の成果と今後の課題
2016年2月4日 コラム
日本の太陽光発電はなぜ高いのか
木村 啓二 自然エネルギー財団 上級研究員
2016年1月13日 報告書
日本とドイツにおける太陽光発電のコスト比較:日本の太陽光発電はなぜ高いか
2015年7月30日 コラム
グリッドパリティ:日本でも電気料金レベルに達した太陽光発電の経済性 
木村 啓二 自然エネルギー財団 上級研究員
2015年2月26日 報告書
アンケート結果報告「太陽光発電事業の現況とコスト2014」
2014年3月20日 コラム
日本の太陽光発電事情を一新した固定価格買取制度
大林 ミカ 自然エネルギー財団 事業局長
2013年12月20日 報告書
アンケート結果報告「太陽光発電事業の現況とコスト2013」
2013年2月25日 報告書
太陽光発電の系統接続に関する事業者アンケート結果より:いますぐに「優先接続」の導入が必要である
 

自然エネルギートップに戻る

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギー協議会
  • 指定都市 自然エネルギー協議会
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、ご利用者はCookieの使用に同意することになります。

同意する