ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

F20 ハイレベルフォーラム
持続可能な脱炭素経済に向けて
公正な移行のための投資の流れをつくる

2019年6月13日

in English

自然エネルギー財団は、F20(Foundations Platform, F20)と共催で、2019年6月13日に第3回F20ハイレベル・フォーラム「持続可能な脱炭素経済に向けて:公正な移行のための投資の流れをつくる」を開催します。本フォーラムは、2019年日本で開催されるG20大阪サミットにむけ、持続可能な開発のための2030年アジェンダ(SDGs)およびパリ協定目標の達成のために、最も重要な課題は何か、地球規模での気候変動対策、自然エネルギーへの転換、柔軟性ある社会の構築について議論いたします。長期的な持続可能な脱炭素社会への移行は、差し迫る気候変動のリスクを解決するだけではなく、経済成長を促し、雇用の創出、人々の健康の保全、途上国の発展など、さまざまな機会を創出します。ぜひご参集のほど、よろしくお願いいたします。

見どころはこちら

イベント詳細

日時 2019年6月13日(木)10:00-18:00 (9:15 受付開始)
会場 イイノホール アクセス
主催 F20(Foundations Platform F20)
公益財団法人 自然エネルギー財団
参加登録・参加費 無料(要事前登録・先着順)登録はこちら

プログラム  ※5月20日現在。プログラムや登壇者は予告なく変更する場合があります。日英同時通訳あり

午前の部(10:00~13:00)

開会挨拶
トーマス・コーベリエル     自然エネルギー財団 理事長
クラウス・ミルケ     F20 議長

基調講演1
エルネスト・セディージョ    元メキシコ合衆国大統領(1994-2000)
エイモリー・B. ロビンス    ロッキーマウンテン研究所 チーフサイエンティスト・名誉会長

セッション1:新しい脱炭素経済によるSDGsの実現

[講演]
小宮山 宏    三菱総合研究所 理事長 / T20共同議長
アマール・バタチャリア    ブルッキングス研究所 グローバル経済・発展プログラムシニアフェロー / T20共同議長

[パネルディスカッション]
フランク・ライスベルマン   CEO, Global Green Growth Institute
キャサリン・ハワース    シェアアクション チーフ・エグゼクティブ / スコット・トラスト 理事
マ・ジュン(馬駿)    中国金融学会グリーン金融委員会 委員長 / G20グリーン資金スタディグループ 共同議長
フェリックス・マテス エコ研究所(ドイツ) エネルギー・気候政策部 リサーチコーディネーター
森澤 充世   CDPジャパン ディレクター
アシーナ・ロンキロ=バレステロス  グロワルド・ファミリー・ファンド アジア地域 気候・ファイナンス ディレクター

[モデレーター] エマニュエル・ゲラン    欧州気候基金(ECF)国際事業グループ・コーディネーター

午後の部(14:00~18:00)

基調講演2
マリナ・シルバ    元ブラジル環境大臣 (2003-2008)
タスニーム・エソップ    気候行動ネットワーク(Climate Action Network; CAN)インターナショナル 事務局長

セッション2:G20におけるエネルギー転換と規制枠組み
[講演] スヴェン・テスケ    シドニー工科大学 持続可能な未来研究所 リサーチディレクター

[パネルディスカッション]
ヘンク・ロジャース ブループラネット財団  創設者・会長	
リー・ジュンフェン (李俊峰)    中国国家気候変動戦略研究(NCSC)/ 中国国家発展改革委員会(NDRC) /
    再生可能エネルギー・エネルギー効率に関するパートナーシップ(REEEP)
ドルフ・ギーレン    IRENA(国際再生可能エネルギー機関)イノベーション・テクノロジー・センター(IITC)センター長 
田中 伸男    笹川平和財団 会長 / 元IEA事務局長
大野 輝之    自然エネルギー財団 常務理事
アンナ・ライトライタ    世界未来協議会 気候・エネルギー部門内 ディレクター

[モデレーター] ステファン・シュリグ F20 事務局長

セッション3:日本のG20に向けた期待

[講演] フィオナ・レイノルズ 責任投資原則(PRI)CEO    
[U20より] 山元 毅  東京都 外務長

[パネルディスカッション]
ハリシュ・ハンデ    セルコ財団 創設者
キャサリン・ブラウン    メルボルン市長慈善財団 チーフ・エグゼクティブ
ジャン・リ(張立)    北京市企業家環境保護基金会(SEE基金会)秘書長
レイ・ホンペン(雷紅鵬)   ザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド財団(CIFF)気候変動プログラム ディレクター
レッド・コンスタンティーノ    V20  / 気候と持続可能な都市研究所 エグセクティブ・ディレクター

[モデレーター]
エンリケ・M. コンスタンティニディス   環境・天然資源基金(FARN)(アルゼンチン) 気候政策担当 シニアアドバイザー / C20

閉会挨拶
大林 ミカ     自然エネルギー財団 事業局長 / F20 共同議長

レセプション 終了後、お飲み物・軽食のご用意があります。情報交換の場としてご参加ください
※報道関係者の方へ:レセプションへのご参加はご遠慮ください
 

F20とは

  • F20とは、ハンブルグサミット(2017年)を機会に誕生した取り組みで、ドイツの慈善事業財団、財団法人を中心に設立され、現在では世界各地の45か国以上の団体が参加し、気候変動の危機を回避するために世界的な脱炭素化傾向をさらに推し進め、G20諸国を含めた国内外の社会と政府の架け橋として活動しています。自然エネルギー財団は、F20に日本から初めて参画する財団法人として、2018年より運営委員を務めています。国内外の慈善事業財団を中心としたワークショップ、気候変動の識者を招いての国際会議の開催や、政府との対話の促進に取り組んでいます。

<関連リンク>

お問合せ

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、お客様はCookieの使用に同意することになります。

同意する