ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる
  • イベント
  • アジア国際送電網
  • 自然エネルギー

「アジア国際送電網研究会 第2次報告書」発表シンポジウム
日本における国際送電網の実現をめざして

2018年7月23日

in English

公益財団法人 自然エネルギー財団は、「アジア国際送電網研究会」から日韓間、日露間の国際送電線の建設ルート、建設費試算を行った 第2次報告書が2018年6月14日に公表されたことを受け、日本における国際送電網の意義、実現への展望などを議論するシンポジウムを下記のように開催いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

イベント詳細

日時 2018年7月23日(月)
シンポジウム 14:00~17:30(開場13:30)
レセプション 17:30~19:00 ※シンポジウムご参加者対象
会場 イイノホール&カンファレンスセンター Room A
東京都千代田区内幸町2-1-1飯野ビル 4F アクセス
主催 公益財団法人 自然エネルギー財団
参加費 無料(要事前登録・先着順)

事前応募受付は、締め切らせていただきました。 
お問い合わせ等ございましたら、メールにてお知らせください。

プログラム ※日英同時通訳あり ※2018年7月13日現在。プログラムおよび登壇者は変更することがあります。

内容

14:00 開会挨拶:

講演:

  • 「アジア国際送電網研究会第2次報告書が明らかにしたもの-日韓・日露の国際送電網の意義と実現可能性」
    高橋 洋 都留文科大学 地域社会学科 教授(アジア国際送電網研究会 座長代理)
  • 「ソフトバンクの自然エネルギー事業とアジアスーパーグリッド(仮題)」
    三輪 茂基 ソフトバンクグループ CEOプロジェクト室長 / SBエナジー 代表取締役社長
  • 「北東アジア国際送電網プロジェクトの現在と展望(仮題)」
    パク カポ 韓国電力公社 系統計画部 北東アジア連系室長 兼 国際送電網チーム長

パネルディスカッション:変化する東アジア情勢と国際送電網の意義
モデレーター:大林 ミカ 自然エネルギー財団事業局長
パネラー:

17:30 閉会/レセプション

お問合せ

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织