ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

RE-Users地域連携プロジェクト(宮城)
自然エネルギー活用セミナー
気候変動時代を生き抜くために

2019年12月5日


自然エネルギー財団とCDP-Woldwide Japanが共同で運営する「RE-Users地域連携プロジェクト」は、第3弾となるセミナー「自然エネルギー活用セミナー~気候変動時代を生き抜くために~」を12月5日(木)に仙台市で開催いたしました。このセミナーは宮城県が主催し、公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)が運営団体として参加しました。
 
今回のセミナーでは、より多くの企業や自治体が自然エネルギーの電力を利用できるよう先行して取り組んでいる国内外の様々な事例と共に、具体的な調達方法や課題について情報を共有しました。パネルディスカッションでは、新電力による地域へのメリットの認識、余剰電力と蓄電池活用の現状、国内のエネルギーミックス2030年目標の問題点、省エネの重要性など活発な議論がなされました。

RE-Users地域連携プロジェクトは、今後も各地域の企業・自治体・NGOと連携してセミナーを開催し、自然エネルギーの電力調達・導入事例に関する情報を提供していきます。

プログラム(敬称略)

開会挨拶
村上 靖 宮城県 環境生活部環境政策課 部副参事兼課長補佐

講演 1:気候変動対策として効果的な自然エネルギーの利用
吉岡 剛 CDP Worldwide-Japan シニアマネージャー

講演 2:企業や自治体が自然エネルギー電力を調達する方法
石田 雅也 自然エネルギー財団 シニアマネージャー(ビジネス連携)

事例紹介
(1) 渥美 祐介 東松島みらいとし機構(HOPE) 代表理事
(2) 浦井 彰 みやぎ地域エネルギー合同会社 代表

パネルディスカッション
コーディネーター:浦井 彰 みやぎ地域エネルギー合同会社 代表

イベント詳細

日時 2019年12月5日(木)
会場 仙都会館 (仙台市青葉区)
主催 宮城県
協力 RE-Users地域連携プロジェクト(自然エネルギー財団、CDP Worldwide-Japan共同運営)
参加登録・参加費 無料

関連リンク

[福岡・みやま市]  自然エネルギーによる電気の地産地消の推進をテーマに(2019年11月)
[大阪] 企業価値を高める自然エネルギーの利用拡大:ESG投資の呼び込みを促進するために(2019年10月)
地域の企業・自治体の自然エネルギー調達を促進:「RE-Users地域連携プロジェクト」を全国展開(2019年6月)
 

お問合せ

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、お客様はCookieの使用に同意することになります。

同意する