ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる
  • 報告書・提言
  • 気候変動
  • 自然エネルギー

インフォパック
石炭火力発電から撤退する世界の動きと日本

2018年7月10日

公益財団法人 自然エネルギー財団は、インフォメーション・パッケージ「石炭火力から撤退する世界の動きと日本」を公表いたしました。

パリ協定が発効し、世界が脱炭素化に動き出すなか、英国とカナダ政府のリーダーシップで、「脱石炭連盟」が発足するなど、脱石炭もまた大きな世界の流れとなっています。しかし、日本では、現在も多くの石炭火力の計画が進行中です。

7月3日に閣議決定された第5次エネルギー基本計画でも、電源の中でCO2排出量の最も高い石炭火力が「重要なベースロード電源」と位置づけられ、石炭火力へ固執する日本の政策が明らかとなっています。

本インフォパックでは、投資やビジネスの判断に役立つよう、また中長期のエネルギー政策の議論に資することを考え、石炭火力に関する日本と世界の動き等をわかりやすく取りまとめています。ぜひご参照ください。

インフォパック
石炭火力発電から撤退する世界の動きと日本(3.45MB)

<目次>

  1. 1.石炭火力を取り巻く世界の動向ー政策
  2. 2.石炭火力の発電量の低下
  3. 3.石炭火力を取り巻く世界の動向ーダイベストメント
    • ・化石燃料関連事業からのダイベストメントの広がり
    • ・公的団体・自治体のダイベストメント
    • ・銀行の動き
    • ・保険業界の動き
  4. 4.日本の石炭火力の新増設
    • ・現状
    • ・新増設計画
    • ・新増設計画事業者
    • ・新増設計画の中止
    • ・大手電力事業者
    • ・CO2排出とパリ協定
    • ・新増設のビジネス リスク
    • ・高いCO2排出係数
  5. 5.自然エネルギーを求めるユーザーの動き

<関連リンク>
報告書
パリ協定に基づく日本の石炭火力フェーズアウト
政策決定者と投資家への示唆

(2018年5月29日)

日本における石炭火力新増設のビジネスリスク
―設備利用率低下による事業性への影響―

(2017年7月20日)

世界の石炭ビジネスと政策の動向
~パリ協定後の投融資を誤らないために~

(2016年10月18日)

イベント
石炭火力発電のフェーズアウトを考えるシンポジウム
パリ協定が変えるエネルギー投資
強まる脱炭素の流れ

(2018年5月29日)

お問合せ

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织