ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる
  • イベント
  • 気候変動
  • 自然エネルギー

石炭火力発電のフェーズアウトを考えるシンポジウム
パリ協定が変えるエネルギー投資
強まる脱炭素の流れ

2018年5月29日

in English

昨年11月のCOP23において、英国、カナダ政府の提唱で「脱石炭連盟(PPCA)」が結成され、パリ協定での目標を達成するためには、石炭火力からの早期撤退が必要であると提言しました。このたび、この提言の基礎となる科学的根拠を示した欧州のシンクタンク「クライメイト・アナリティクス(Climate Analytics)」がパリ協定目標に基づく日本の石炭火力のフェーズアウトについて分析いたしました。
つきましては5月29日(火)に、その報告書公表を記念するシンポジウムを下記のように開催いたします。どうぞご参加ください。

イベント詳細

日時 2018年5月29日(火)14:00~17:00(受付・開場13:30~)
会場 イイノホール&カンファレンスセンター Room B アクセス
主催 公益財団法人 自然エネルギー財団
共催 駐日英国大使館、駐日カナダ大使館
参加登録・参加費 無料(要事前オンライン登録・先着順)

定員に達したため 事前登録を終了しました。
多数のご登録をありがとうございました。

プログラム 5月8日現在。プログラム・登壇者は変更の可能性があります。※日英同時通訳あり

内容

開会挨拶:末吉 竹二郎 自然エネルギー財団 副理事長

共催者挨拶:駐日英国大使館(仮)

講演:

  • 「日本における石炭のフェーズアウトスケジュール」
    パオラ・パラ クライメイト・アナリティクス 気候政策アナリスト
  • 「最新情報:ダイベストメントとファイナンスセクターの動き」
    夫馬 賢治 株式会社ニューラル代表取締役
  • 「脱石炭連盟の設立とその背景、フェーズアウト計画の状況(仮)」
    アリア・アルタフ 駐日カナダ大使館 二等書記官(経済)
    マット・ウェブ 英国・E3G シニア・アソシエイト
  • 「石炭インフォパック発表」
    西田 裕子 自然エネルギー財団 気候変動グループマネージャー

パネルディスカッション:日本の石炭火力フェーズアウトの展望
ファシリテーター:大野 輝之 自然エネルギー財団 常務理事

  • ・海部 愛 環境省 地球環境局総務課地球温暖化対策制度企画室 室長補佐
  • ・ウルズラ・ヒュンテス クライメイト・アナリティクス シニア気候変動政策アドバイザー
  • ・金井 司 三井住友信託銀行 経営企画部 フェロー役員 チーフ・サステナビリティ・オフィサー
  • ・長村 政明 東京海上ホールディングス株式会社 事業戦略部 参与
  • ・マット・ウェブ 英国・E3G シニア・アソシエイト

司会:大久保ゆり 自然エネルギー財団 上級研究員

お問合せ

外部リンク

  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织