ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

[登壇者紹介] KIREC Seoul 2019 サイドイベント
アジアの自然エネルギー政策の展望
自然エネルギー市場の拡大へ

2019年10月22日

in English

プログラムページへ戻る

  • パオロ・フランクル
    IEA 再生可能エネルギー課長
    2007年よりIEA(国際エネルギー機関)に就任し、再生可能エネルギー課長として再生可能エネルギー技術や市場・システム統合分野における分析や政策助言を行っている。欧州太陽光発電会議と展示会(European Photovoltaic Solar Energy Conference: EU PVSEC)や、ドイツ研究センターヘルムホルツ協会の諮問委員会のメンバーなども務める。
  • Sohee Kim
    Secretary General, Climate Change Center, Korea
    With over 20years’ work experience, she is specialist in area of climate and sustainability.  She is Secretary General of Climate Change Center(CCC), Seoul-based INGO established in 2008. CCC brings together influential public-private-academia experts committed to realize low-carbon society. She has over 10 years’ experience raising awareness of Korean opinion leaders through Climate Executive Program, proposing climate policy to the related Ministries and leading climate and sustainability projects in developing countries.  Prior to joining CCC, she worked for Plan International Korea around 10years spearheading development projects especially poverty, education and gender area in several developing countries.  She is currently member of Energy Committee under the Ministry of Trade, Industry and Energy. She is also board member of The Korean Society of Climate Change Research and  The Korean Society for New and Renewable Energy. She holds an MSc in Development Studies  from SOAS, the University of London.
  • Irene Giner-Reichl
    President, Global Women’s Network for the Energy Transition
    In the Austrian Diplomatic Service for more than 30 years with extensive experience in multilateral work,
    especially in sustainable development, climate change and gender issues. Worked on bringing energy in the
    sustainability discussion since 1999, proud to lead on SDG 7 and on supporting women in energy globally as
    President of GWNET (www.globalwomennet.org ). Former Austrian Ambassador to China and Mongolia, and
    current Ambassador to Brazil and Suriname.
  • 高橋 洋
    都留文科大学 教授
    1993年東京大学法学部卒、同年ソニー株式会社入社。1999年タフツ大学フレッチャー大学院修了(法律外交修士)。2000年内閣官房IT担当室主幹。2007年 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(学術博士)。同年東京大学先端科学技術研究センター特任助教、2009年富士通総研主任研究員を経て、2015年より都留文科大学社会学科教授。2018年より同大学地域社会学科教授(現職)。専門は公共政策論・エネルギー政策論。経済産業省・総合資源エネルギー調査会委員、内閣府参与、農林水産省・今後の農山漁村における再生可能エネルギー導入のあり方に関する検討会委員、外務省・気候変動に関する有識者会合委員などを歴任。編著書に、『エネルギー政策論』(岩波書店、2017年)、『地域分散型エネルギーシステム』(共編、日本評論社、2016年)、『電力自由化―発送電分離から始まる日本の再生』(日本経済新聞出版社、2011年)など。
  • エマヌエーレ・ビアンコ
    IRENA(国際再生可能エネルギー機関)Associate Programme Officer
    Emanuele Bianco is an Associate Programme Officer in the International Renewable Energy Agency (IRENA), where he is responsible for the work on a range of renewable energy policy topics including policy design, regional renewable energy market analyses and power market design assessment. Before joining IRENA, he worked in the International Energy Agency (IEA) in the Italy’s Gestore dei Servizi Energetici (GSE). He has a combined 10 years of experience in renewable energy policy analysis. He has received an M.Eng. in Nuclear and Energy Engineering from the Polytechnic School of Turin.
  • トーマス・コーベリエル
    自然エネルギー財団 代表理事 理事長
    2011年、自然エネルギー財団設立時より現職。それ以前の2008年から2011年まではスウェーデンエネルギー庁長官を務めた。スウェーデンおよび欧州のエネルギー・環境関連法案を策定するスウェーデン政府委員会のメンバーとして活動する傍ら、中国の環境と開発に関する国際協力委員会(China Council for International Cooperation on Environment and Development)では低炭素産業化戦略対策委員会委員を兼任している。2018年スウェーデン政府が設立した「気候変動委員会」では委員を務める。
  • 大林 ミカ
    自然エネルギー財団 事業局長
    2011年、自然エネルギー財団の設立に参加。財団設立前は、アラブ首長国連邦の首都アブダビに本部を置く「国際再生可能エネルギー機関(IRENA)」で、アジア太平洋地域の政策・プロジェクトマネージャーを務めていた。1992年から1999年末まで原子力資料情報室でエネルギーやアジアの原子力を担当、2000年に環境エネルギー政策研究所の設立に参加し、2000年から2008年まで副所長。2008年から2009年までは駐日英国大使館にて気候変動政策アドバイザーを務めた。2017年、国際太陽エネルギー学会(ISES)よりグローバル・リーダーシップ賞を受賞。大分県中津市生まれ、北九州市小倉出身。
  • 石田 雅也
    自然エネルギー財団 シニアマネージャー(ビジネス連携)
    2017年から現職。自然エネルギー財団では、報告書「競争力を失う原子力発電:世界各国で自然エネルギーが優位に」(2019年)、「企業・自治体向け電力調達ガイドブック:自然エネルギーの電力を増やす」(初版2018年、第2版2019年)、「自然エネルギー最前線 in U.S. :米国の電力市場に革新的な変化」(2018年)、「電力会社に迫る変革の波:欧州が先行する新時代の戦略」(2017年)の執筆や、連載コラム「自然エネルギー・アップデート」、「自然エネルギー活用レポート」や「先進企業の自然エネルギー利用計画」を担当する。この他「自然エネルギーユーザー企業ネットワーク」(英文名称:Renewable Energy Users Network、略称:RE-Users)を主導する。

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、お客様はCookieの使用に同意することになります。

同意する