ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

国際ワークショップ
Future Perspective of Bioenergy Development in Asia

2018年9月6日
2018年9月、IEA Bioenergyが経済産業省、NEDO、国連大学と開催した国際ワークショップ「Future Perspective of Bioenergy Development in Asia」に、自然エネルギー財団も共催団体として参加しました。貿易、石炭へのバイオマスの混焼・転換、そして持続可能なバイオマスサプライチェーンをテーマに、自然エネルギー財団からは、トーマス・コーベリエル理事長がセッションのチェアを務め、スウェーデンでの経験を報告した他、相川研究員が日本のFiT制度における持続可能性確保の枠組みについて解説しました。

ワークショップには、欧米、アジア、および国内の関係省庁、エネルギー事業者、大学などの研究者、商社などから70数名の参加者が集い、活発な議論が交わされました。

プログラム、講演資料などはこちら (英語・外部サイト)

<関連コラム>
IEA Bioenergyワークショップ報告:アジアにおける持続可能なバイオエネルギー利用
相川高信 上級研究員 自然エネルギー財団

2018年10月12日

イベント詳細

日時 2018年9月6日(木)~ 9月7日(金)
会場 NEDO分室(東京都千代田区)
主催 IEA Bioenergy
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
経済産業省
共催 公益財団法人 自然エネルギー財団
国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)

 

 

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、お客様はCookieの使用に同意することになります。

同意する