ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

CCS火力発電政策の隘路とリスク

2022年4月14日

in English

公益財団法人 自然エネルギー財団は本日、「CCS火力発電政策の隘路とリスク」を公表しました。

脱炭素社会の実現に向け、国際的には電力の90%程度を自然エネルギー電力で供給することが目指されていますが、日本政府は「ゼロエミッション火力」の開発に力点を置き、2050年まで化石燃料発電を使い続けようとしています。その中心がCCS火力発電です。

本報告書では、不完全なCO2回収、コスト高、CO2貯留に適さない地理的条件などCCS火力発電の5つの隘路を指摘し、あわせて4月に公表されたIPCCの最新レポートも含め、世界の脱炭素戦略におけるCCSと自然エネルギーの位置づけを紹介しています。

政府が2030年までの実現を急ぎ、今国会ではCCS火力発電の開発を促進する法案を提出する中で、本報告書が日本の電力供給の脱炭素化に向けた建設的な議論に資することを期待しています。

<目次>
概要    
第1章:CCSに過剰に依存する日本のエネルギー戦略    
第2章:CCS火力発電政策の5つの隘路    

 第1の隘路 導入が停滞するCCS火力    
 第2の隘路 不完全なCO2回収    
 第3の隘路 日本にはCCS利用に適した地理的な条件がない    
 第4の隘路 CCS火力は高コスト化
 第5の隘路 CO2海外輸出のもたらすリスク    
第3章:世界におけるCCSと自然エネルギーの動向
終章:日本の脱炭素戦略はどうあるべきか



 

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギー協議会
  • 指定都市 自然エネルギー協議会
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、お客様はCookieの使用に同意することになります。

同意する