ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる
  • 統計
  • トレンド
  • 自然エネルギー

自然エネルギーの大量導入と火力・原子力の削減は両立する

2018年3月16日

in English

自然エネルギーの大量導入と火力・原子力の削減は両立する

 欧州連合(EU)では2000年から2017年のあいだに、2億9100万キロワットにのぼる自然エネルギーの発電設備を増加させた。そのうち92%を風力と太陽光が占めている。一方で従来型の火力と原子力を合わせると、わずかだが200万キロワット減少した。ガス火力が9700万キロワット増加したにもかかわらずだ。

欧州の発電設備容量の増減(2000~2017年、累計)
  • GW:ギガワット(=100万キロワット)
  • 出典:WindEurope,「Wind in power 2017」(2018年2月)

 2000年からの17年間で石炭火力は4100万キロワット、石油火力は4000万キロワット、原子力は1700万キロワットも減少した。大気汚染の原因になる石炭・石油火力と安全性に不安がある原子力に代わって、自然エネルギーがEU域内で拡大したことを示している。

 こうした状況からわかることは、風力と太陽光を大量に導入しながら、同時に火力と原子力を削減することが可能であるという点だ。つまり、天候によって出力が変動する自然エネルギーの発電設備を増やしても、電力システムのバランスを維持するために従来型の発電設備を同じ規模で確保する必要はない。

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织