ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる
  • 統計
  • トレンド
  • 自然エネルギー

新規の石炭火力発電が大幅に減少、特に中国とインドで顕著

2018年3月30日

in English

新規の石炭火力発電が大幅に減少、特に中国とインドで顕著

 2017年に世界各国で運転を開始した石炭火力発電設備の容量は合計61ギガワット(6100万キロワット)にとどまり、過去10年間で最低を記録した。このデータは化石燃料に関する研究者の国際ネットワークであるコール・スワーム(Coal Swarm)が2018年1月に発表した「グローバル石炭発電所トラッカー」によるものだ。

新規石炭火力発電設備の推移(ギガワット)

新規石炭火力が発電設備の推移(ギガワット)
中国=青、インド=黄、その他=灰色
出典:コール・スワーム グローバル石炭発電所トラッカー(2018年1月)30MW以上のユニットを含む。

 近年で石炭火力発電設備の新設が最も多かった2015年(合計101ギガワット)と比べると、2017年には40ギガワットも減った。主に中国とインドで減少した結果である。両国は過去10年以上にわたって石炭火力発電の新設計画をリードしてきたが、現在では石炭火力に代わって自然エネルギー、特に風力発電と太陽光発電を大量に導入している。

外部リンク

  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织