ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

インフォパック洋上風力発電の動向(第3版)世界と日本における現状

2022年8月5日


公益財団法人 自然エネルギー財団は、本日、インフォパック「 洋上風力発電の動向:世界と日本における現状 (第3版)」を公表しました。

世界では、欧州と中国を中心に洋上風力発電の導入が進んでおり、2021年時点の累積導入量は約56GWとなっています。日本でも、再エネ海域利用法の施行を契機に、2021年には4つの促進区域(約1.7GW)で公募による事業者選定が行われており、洋上風力発電の本格的な導入が始まりました。

本インフォパックは、世界における洋上風力発電の動向を各機関の報告書を参照してまとめた第2版(2021年6月)の改訂版です。この間の世界の動きは目覚ましく、各国・地域の導入実績は増加し、導入目標量も続々と引き上げられています。今回の改訂では、こうした情報をアップデートしたほか、日本の状況についても触れました。 < 目 次 >
1. 洋上風力発電の導入実績
 1-1. 世界
 1-2. 地域別
2. 洋上風力発電の導入見通し
 2-1. 世界
 2-2. 各国の政策目標
 2-3. 地域別
 2-4. 各国(欧州、米国、中国、台湾)
3. 洋上風力発電のコスト等
 3-1. 発電コスト推移
 3-2. 風車サイズの変遷
 3-3. 浮体式洋上風力の展望
4. 日本における洋上風力発電
 4-1. 再エネ海域利用法による区域指定
 4-2. ラウンド1の結果
 4-3. 系統マスタープラン
 4-4. 環境アセスメントの進捗状況
参考資料・データ出典

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギー協議会
  • 指定都市 自然エネルギー協議会
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、お客様はCookieの使用に同意することになります。

同意する