ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

自然エネルギー財団、COP26に向けた世界の風力発電政策提言に賛同

2021年10月19日

in English

この度、自然エネルギー財団は、世界風力エネルギー会議(GWEC)が呼びかけるマニフェスト「GLOBAL WIND ENERGY MANIFESTO FOR COP26」に賛同しました。本マニフェストでは、COP26に向けて各国政府がエネルギー転換を確実に推進し、官民の取り組みを支援することを呼びかけるものです。風力発電の拡大などを通じて脱炭素社会の実現、次世代のために地球を守るための提言で、ネット・ゼロ実現に向けた8つの具体的なアクションが示されています。

本マニフェストは90以上の風力発電関連企業・団体が賛同しています。
 賛同企業・団体一覧はこちら

8つのアクション

1.  風力発電拡大の目標をより野心的なものにし、各国が国連に提出する国別削減目標(NDC: Nationally Determined Contributions)、包括的な国家気候戦略、そして長期エネルギー計画の見直しの際にそれを反映させる。

2.  石炭火力発電を今すぐ速やかに廃止する。

3.  未来のためのエネルギー市場を設計し導入する。

4.  再生可能エネルギーに関連するプロジェクトに対して合理的で賢明な許認可制度を導入し、プロジェクトの実現を確実なものにし、再生可能エネルギー拡大を促進する。

5.  クリーンエネルギー供給網と電気自動車用充電ステーションを迅速に構築する計画に着手する。

6.  人を中心としたネット・ゼロ経済への移行に、公的資源を投入し共生可能な包括的な政策を策定する。

7.  国や地域の資金の流れのベンチマークを、ネット・ゼロ、1.5度準拠、とする。

8.  パリ協定第6条2項および第6条4項に基づき、カーボンプライシングに関する自主的な協力を推進する。



  【外部サイト、英語オリジナル】GLOBAL WIND ENERGY MANIFESTO FOR COP26

【暫定参考和訳】GLOBAL WIND ENERGY MANIFESTO FOR COP26

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギー協議会
  • 指定都市 自然エネルギー協議会
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、お客様はCookieの使用に同意することになります。

同意する