ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

世界の原子力産業動向と日本への示唆World Nuclear Industry Status Report(WNISR)2021年版 発表イベント

2022年1月19日

in English

今や世界でもっとも信頼できる原子力産業の現状報告書として定着した、World Nuclear Industry Status Report(WNISR) 2021年版が、2021年9月28日に公表されました。今年は、東京電力福島第一原子力発電所事故の10年目にあたることから、特別に福島事故の現状について33ページにわたる報告が含まれています。全体でも400ページを超える、これまででも最長の報告書となっています。例年と同様、世界の原子力発電の稼働、新設、廃止等に関するデータのほか、各国別の詳細な分析に加え、最近話題となっている小型モジュール炉(SMR)の分析、気候変動対策としての位置づけ、原子力と犯罪、再生可能エネルギーとの競争等の報告も含まれています。これらの世界的な情勢分析は、日本のエネルギー・環境政策や企業の経営判断にとっても、極めて重要で有用な情報です。

そこで、日本の皆様に特別にレポート公表に際し、オンラインイベントを開催しました。国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会で委員長を務めた黒川清政策研究大学院大学名誉教授、ならびに自然エネルギー財団のトーマス・コーベリエル理事長が登壇しました。

プログラム(敬称略)※日英同時通訳あり

[総合司会] トーマス・コーベリエル  自然エネルギー財団 理事長

開会挨拶 
[主催者代表]黒川 清 東京大学・政策研究大学院大学 名誉教授、東海大学 特別栄誉教授 資料DL

<1~4 講演資料>資料DL
1. World Nuclear Industry Status Report 2021 概要発表
 マイケル・シュナイダー エネルギー問題コンサルタント
2. WNISR2021 日本の原子力の状況について
 鈴木 達治郎 長崎大学 教授
3. WNISR2021 福島10年後の報告
 崎山 比早子 3・11甲状腺がん子供基金 代表理事
4. WNISR2021 原子力、自然エネルギーと気候変動
 アントニー・フロガット エネルギー政策コンサルタント、英国王立国際問題研究所(チャタム・ハウス) 上級研究員

まとめ
マイケル・シュナイダー

質疑応答

閉会挨拶
トーマス・コーベリエル

イベント詳細

日時 2022年1月19日(水)18:00~19:45
開催形式 ウェビナー(Zoom) 
共催 政策研究大学院大学 グローバルヘルス・イノベーション政策プログラム
公益財団法人 自然エネルギー財団
参加費・参加登録 無料・要事前登録

<参考資料>
World Nuclear Industry Status Report(WNISR)2021 (Executive Summary and Conclusions)
[仮訳:日本語]  概要と結論

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギー協議会
  • 指定都市 自然エネルギー協議会
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、お客様はCookieの使用に同意することになります。

同意する