ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

登壇者紹介
2030年自然エネルギー主力電源化へ向けて
大量導入と電力系統の安定性・柔軟性

2018年12月17日

in English

プログラムページへ戻る

  • ギュンター・シャイプナー
    エリア国際送電(EGI)シニア・アドバイザー / 前 50ヘルツ社 系統運用部長
    電力システムの分野で39年以上の経験を持ち、エリア・グループ内で最も経験豊富な専門家の一人。2012年以来、50ヘルツ社の系統運用部門トップを務める。ネットワーク・課金調整部長を10年以上、また 1989年から2002年まではVEAG社の中央給電指令所において副所長を担った。当時、シャイプナー氏はエネルギー市場の規制緩和と自由化に関して様々な調査を行い、ウクライナ、ロシア、その他のCIS諸国の電力市場に関する豊富な知識を有する。1997年には、ウクライナとUCTE・CENTREL間の国際連系のための運用技術情報の移転・共有を担当した。 さらに、電力システムおよび市場開発分野におけるドイツ・ロシア間の連携イニシアティブのための様々なワーショップを行った。 シャイプナー氏はロシアのレニングラード工科学校で送電網システムを学び、ロシア語に精通している。
  • 分山 達也
    九州大学 准教授・自然エネルギー財団 特任研究員
    2012年4月に財団に参加、2018年4月より特任研究員、九州大学エネルギー研究教育機構准教授。専門分野は、資源工学、地熱発電と地理情報システム(GIS)。AMPL(数理計画言語)を用いて系統統合を考慮した日本の自然エネルギーシナリオの分析を担当。これまでに、GISを用いて、日本の自然エネルギーポテンシャルの評価や、風力発電のゾーニングの研究に従事した。博士(工学)。
    自然エネルギー財団では、電力系統運用や国際送電に関する研究を主導し、報告書「自然エネルギーの導入拡大に向けた系統運用:日本と欧州の比較から」(2016年)などの執筆を担当。
  • ピーター・メルク
    エリア国際送電(EGI) 電力系統運用とセキュリティ、電力系統エキスパート
    国際的な系統運用会社、エリア国際送電(Elia Grid International; EGI)において、電力系統運用およびセキュリティの専門家。2010年にドイツのアーヘン工科大学で電気工学と自然エネルギーシステムの修士号を取得。 EGIに入社する前は、ベルリンに拠点を置くバッテリー貯蔵システムメーカー、ユニコス社(Younicos)で5年間勤務し、電力変換システムと電力系統システムの研究チームを統率する。
    EGIでは、系統混雑管理、電力需給調整、系統セキュリティ分析など、自然エネルギーを系統接続するための系統運用のシナリオ構築のエキスパートとして活躍している。
  • ディミトリ・ペシア
    アゴラ・エナギーヴェンデ シニア・アソシエイト
    ドイツにおける電力部門のエネルギー転換を専門分野とするシンクタンク、アゴラ・エネルギーヴェンデにおいてシニア・アソシエイトを務め、国際エネルギー政策とグローバルなエネルギー転換を担当する。これに先立ち2008年から2013年まで、在ベルリンフランス大使館に勤務。諸外国との経済ネットワークを掌握する部署、経済部においてエネルギーおよび天然資源部門を統括し、独仏二国間の協力関係の強化を任務とし、ドイツのエネルギー、環境、天然資源政策に関して多くの研究調査を行なった。2005年から2007年まで、フランス外務省において科学技術政策担当官を務め、特にエネルギーの有効利用、輸送、エネルギー工学関連分野に従事する。フランス語を母国語とし、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)工学部において物理学を学び修士号を、またインペリアル・カレッジ・ロンドンでは物理学を学びインターナショナル・ディプロマを取得。
  • 安田 陽
    京都大学 大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授
    1989年3月、横浜国立大学工学部卒業。1994年3月、同大学大学院博士課程後期課程修了。博士(工学)。同年4月、関西大学工学部(現システム理工学部)助手。専任講師、助教授、准教授を経て2016年9月より京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 特任教授。現在の専門分野は風力発電の耐雷設計および系統連系問題。技術的問題だけでなく経済や政策を含めた学際的なアプローチによる問題解決を目指している。現在、日本風力エネルギー学会理事。電気学会 風力発電システムの雷リスクマネジメント技術調査専門委員会 委員長。IEA Wind Task25(風力発電大量導入)、IEC/TC88/MT24(風車耐雷)などの国際委員会メンバー。主な著作として「日本の知らない風力発電の実力」(オーム社)、翻訳書(共訳)として「洋上風力発電」(鹿島出版会)、「風力発電導入のための電力系統工学」(オーム社)など。
  • 大西 英之
    GEリニューアブルエナジー 北アジア代表
    2010年、GEエナジー日本代表として入社し、パワー&ウォーター、オイル&ガス、エナジー・マネジメント各部門を統括。2012年10月より本社の組織変更にともない、GEパワー&ウォーター日本代表として、営業責任者を務めるとともに、航空機エンジン転用型ガスタービンやガスエンジンに活用した分散型電源ソリューションにおける北アジアの営業統括を歴任。2016年3月より、GEパワージャパン産業分野における主要顧客に対して、GE各事業部を横断的に統括・対応する日本代表、同年8月より、再生可能エネルギー部門の北アジア代表を務める。
    大阪大学 基礎工学部合成化学部 修士課程を卒業。
  • 大野 輝之
    自然エネルギー財団  常務理事
    2013年11月より現職。「長期低炭素ビジョン」など国の気候変動対策の策定に関わる検討会委員を務める。1979年 東京都入庁。都市計画局、政策報道室などを経て、1998年より環境行政に関わる。「ディーゼル車NO作戦」の企画立案、「温室効果ガスの総量削減と排出量取引制度」の導入など、国に先駆ける東京都の環境政策を牽引した。省エネルギーの推進と自然エネルギーの導入を図る数々の施策を産業界の合意を形成して実現、都のエネルギー政策の根幹を作る。2010年7月から3年間、環境局長を努める。東京大学非常勤講師。ソウル国際エネルギー諮問委員会委員。イクレイ日本顧問。公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン 理事。東京大学経済学部卒。
    2014年、カリフォルニア州からハーゲンシュミット・クリーンエア賞を受賞。
    著書に 『自治体のエネルギー戦略』、『都市開発を考える』(ともに岩波新書)、『現代アメリカ都市計画』(学芸出版社)など。
  • 大林 ミカ
    自然エネルギー財団 事業局長
    2011年8月、自然エネルギー財団の設立に参加。財団設立前は、アラブ首長国連邦の首都アブダビに本部を置く「国際再生可能エネルギー機関(IRENA)」で、アジア太平洋地域の政策・プロジェクトマネージャーを務めていた。1992年から1999年末まで原子力資料情報室でエネルギーやアジアの原子力を担当、2000年に環境エネルギー政策研究所の設立に参加し、2000年から2008年まで副所長。2008年から2009年までは駐日英国大使館にて気候変動政策アドバイザーを務めた。2017年、国際太陽エネルギー学会(ISES)よりグローバル・リーダーシップ賞を受賞。大分県中津市生まれ、北九州市小倉出身。

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギーで豊かな日本を創ろう!アクション
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织