ご登録ください
シンポジウム、セミナーなどのご案内や、報告書・提言、コラム記事、統計データなどのウェブ更新情報を「自然エネルギー財団 お知らせメール」でお受け取りいただけます。各種イベントの登録案内などをいち早くお届けします。

お知らせメール

閉じる

登壇者紹介系統運用と自然エネルギーの大量導入100%自然エネルギーを目指すデンマークの知見を学ぶ

2018年10月16日

  • プログラムページへ戻る

  • ペーター・ヨルゲンセン
    エナギネット社
    副社長
    国際的な送電会社ノーデル(Nordel)、ETSOとENTSO-Eにて、デンマークのエネルギーシステムの計画、及び電力自由化担当者として参加。現在、デンマークの系統運用会社エナギネット社(Energinet)*にて、国際電力網、及び自然エネルギーの大量導入を可能にする電力市場の構築の責任者。国際的なコンサルティングサービスを行う同社傘下のEnerginet Associated Activitiesの責任者も務める。
    *エナギネット社(Energinet):デンマークの国営の送電会社(TSO)で、電力及び天然ガス網を所有し、運営・管理を行っている。オランダ、ドイツ、北欧各国との系統接続も担当。
  • マティアス・バウセンヴェイン
    オーステッド社
    アジア太平洋地域統括
    アジア太平洋地域統括洋上風力発電事業の世界最大手であるデンマークのオーステッド社(Ørsted)*で、洋上風力関連のプロジェクトを数多く率いる。オランダ、ドイツなどでプロジェクトを担当する他、新興国の市場開拓を担当。現在は台湾在住で、台湾市場及び日本を含むアジア太平洋市場を統括する。
    *オーステッド社(Ørsted):洋上風力世界最大手。累計5.1GWの洋上風力発電が稼働中。2025年には累計11-12GWを目指している。
  • 山崎 琢矢
    経済産業省資源エネルギー庁
    省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー課長
    1996年4月、通商産業省(現:経済産業省)入省。電力事業制度改革(第2次改革:小売の部分自由化の導入)、ベンチャー企業育成政策、サイバーセキュリティ政策(内閣官房情報セキュリティセンターNISCの創設等)を担当。2006年7月より米国ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)にて修士号を取得後、同大学院客員研究員として活動。2008年6月に帰国後、経済産業省にてインフラ・システム輸出の制度設計等を手掛ける。2012年8月より、震災を契機に検討が本格化した電力システム改革の制度設計を担当。2015年10月より、経済産業大臣秘書官を務め、2016年10月より現職
  • 和久津 英志
    新潟県 産業労働観光部
    産業振興課 課長
    2009年4月、経済産業省入省。資源エネルギー庁資源・燃料部鉱物資源課、大臣官房調査統計グループ総合調整室、資源エネルギー庁総合政策課需給政策室を経て、2014年7月、同庁総合政策課戦略企画室専門官。2015年8月より米国シカゴ大学公共政策大学院へ留学。翌年、修士号を取得後、2017年6月より現職。新潟県の産業振興政策の一環として、風力発電、海洋エネルギー、メタンハイドレート資源開発等、地域特性とポテンシャルを活かした再生可能・次世代エネルギー政策に携わる。
  • 山田 正人
    MHIヴェスタス
    副社長、チーフ・ストラテジー・オフィサー
    1987年、三菱重工業に入社。原動機事業本部において、火力発電プラント事業、陸上および洋上風力発電事業を経て、三菱重工業(MHI)とデンマークのヴェスタス社による洋上風力発電設備合弁会社、MHI Vestas Offshore Wind A/S(MHIヴェスタス)の設立に携わる。2014年同社設立に伴い、副社長、チーフ・ストラテジー・オフィサーに就任し、事業戦略、広報宣伝、政策関係を担当するかたわら、持続可能な洋上風力の導入拡大に向けて日欧の橋渡しに努めている。デンマーク、オーフス市在住。
  • 佐藤 郁
    戸田建設株式会社
    エネルギー事業部 副事業部長
    1991年京都大学工学部土木工学科卒業。戸田建設(株)に入社。橋梁、ダム、トンネルなどの工事を手がけ、社会インフラ構造物の設計・技術開発に従事。2005年に京都大学にて工学博士を取得。世界初となるハイブリッドスパー型浮体式洋上風力発電施設を共同開発し、2013年に世界で3番目、日本初の商用機の運転に成功、2016年3月に実証を終了し実用化した。2018年よりエネルギー事業部副事業部長として、脱炭素の普及促進ための技術開発を担当、現在に至る。
  • 大林ミカ
    自然エネルギー財団
    事業局長
    2011年8月、自然エネルギー財団の設立に参加。財団設立前は、アラブ首長国連邦の首都アブダビに本部を置く「国際再生可能エネルギー機関(IRENA)」で、アジア太平洋地域の政策・プロジェクトマネージャーを務めていた。1992年から1999年末まで原子力資料情報室でエネルギーやアジアの原子力を担当、2000年に環境エネルギー政策研究所の設立に参加し、2000年から2008年まで副所長。2008年から2009年までは駐日英国大使館にて気候変動政策アドバイザーを務めた。2017年、国際太陽エネルギー学会(ISES)よりグローバル・リーダーシップ賞を受賞。大分県中津市生まれ、北九州市小倉出身。
  • プログラムページへ戻る

外部リンク

  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • 自然エネルギー協議会
  • 指定都市 自然エネルギー協議会
  • irelp
  • 全球能源互联网发展合作组织

当サイトではCookieを使用しています。当サイトを利用することにより、お客様はCookieの使用に同意することになります。

同意する