報告書公表のお知らせ
日本における石炭火力新増設のビジネスリスク
―設備利用率低下による事業性への影響―
2017年7月20日

公益財団法人 自然エネルギー財団はこの度、報告書「日本における石炭火力新増設のビジネスリスク―設備利用率低下による事業性への影響―」を公表しました。

本報告書では、電力需給の現状と今後の見通しについて検証し、石炭火力新増設のビジネスリスクを明らかにしています。新増設計画がすすめられた場合、石炭火力発電所の設備利用率は、現在の80%から大きく低下し、2026年度には56%程度まで下がる可能性があること、また、省エネにより5%程度電力需要が減少すれば、50%を切る可能性もあることを指摘しています。

PDF全文はこちらより

プレスリリース
本文
日本における石炭火力新増設のビジネスリスク
―設備利用率低下による事業性への影響― (0.4MB)


お問い合わせ

公益財団法人 自然エネルギー財団
E-mail: press_rei※renewable-ei.org (※を@(半角)にして送信ください)