エネルギー転換 ドイツのエナギーヴェンデ 2016年3月8日

ドイツは、原子力と化石燃料から脱却し自然エネルギー経済へ移行する目標を掲げています。着実に目標に向かって進む状況が、世界中から大きな注目を集めています。しかし、ドイツのエネルギー転換についての国際的な報道には、誤解を招くものも数多くみられます。たとえば、電力の輸出入の数値、石炭火力発電の役割、エネルギー価格の推移、競争力、二酸化炭素排出量に関するものなどです。

「Energy Transition: The German Energiewende」は、ドイツのエネルギー転換政策を指す「エナギーヴェンデ」とは何か、どのように機能しているのか、どんな課題が待ち受けているのかを説明することを目的としています。世界中の人々に事実を伝え、ドイツのエネルギー政策を明らかにするため、ハインリッヒ・ベル財団によって企画製作されました。本冊子では、「エナギーヴェンデ」が、ドイツの経済、環境、社会にもたらす効果を明示し、それに関連する最も重要な論点を取り上げています。

公益財団法人 自然エネルギー財団は、ハインリッヒ・ベル財団と提携し、本冊子の日本語版「エネルギー転換 ドイツのエナギーヴェンデ」を翻訳監修いたしました。

本文 エネルギー転換 ドイツのエナギーヴェンデ (9.2MB)

 本文54頁、55頁「K-2014年の再生可能エネルギー法(EEG)改正」、小見出し「太陽光発電」の文中の単位に誤りがありました(全6か所)。
  誤:GWh, MWh
  正:GW, MW
 お詫びして訂正いたします。(2016年3月29日 ダウンロードファイル訂正済)


ハインリッヒ・ベル財団による本冊子の日本語版ウェブサイトはこちらから

ハインリッヒ・ベル財団(The Heinrich Böll Foundation)
環境ビジョンの構想やプロジェクトの推進団体であり、政策改革に携わるシンクタンク、そして国際的なネットワークである。民主主義と人権の確立、環境悪化の阻止、すべての人の社会参画の権利保護、暴力によらない紛争解決の支援、そして個々人の権利の擁護を目的として活動している。 現在、29カ国に事務所をもち、60カ国以上において160のパートナーと共にプロジェクトを展開している。



お問い合わせ

公益財団法人  自然エネルギー財団
TEL:03-6895-1020 / FAX: 03-6895-1021
E-mail: info※renewable-ei.org (※を@(半角)にして送信下さい)