国際シンポジウム
【長野】木質バイオマスによる地域エネルギーシステムの転換 ―世界の経験を日本で活かす
2017年5月24日

 木質バイオマス市場の発展戦略について、日本ではまだ拡がっていない熱利用も含め、欧州での成功事例をご紹介します。また、国内事業者や、地方自治体関係者を交え、今後の方向性を議論します。
 本シンポジウムは国際ウッドフェア2017*の併催企画として開催します。

日時 :

2017年5月24日(水)13:00‐16:45(開場:12:30)
※日英同時通訳あり

会場 :

若里市民文化ホール 会議室1(ビッグハット隣)
アクセス:http://www.nagano-mwave.co.jp/wakasato_hall/

主催 :

公益財団法人 自然エネルギー財団
世界バイオエネルギー協会(WBA) 

後援 :

一般社団法人 日本木質バイオマスエネルギー協会 
オーストリア大使館 商務部 

参加費 :

無料(要事前登録・先着順) 

プログラム(敬称略) :

2017年4月12日現在。プログラムおよび登壇者は変更する可能性があります。
登壇者(予定)
  • レミギウス・ラピンスカス  世界バイオエネルギー協会(WBA)代表
  • 大林ミカ  自然エネルギー財団 事業局長
  • ハインツ・コペッツ  オーストリア・バイオマス協会設立者、欧州バイオマス団体連合会
    (AEBIOM)元会長、世界バイオエネルギー協会(WBA)前代表
  • 熊崎実   一般社団法人 日本木質バイオマスエネルギー協会 会長
  • フォルカー・レンツ  ドイツバイオマス研究センター(DBFZ)熱化学的変換技術部 部長
  • 梶山恵司  バイオエナジー・リサーチ&インベストメント(BERI)(株) 代表取締役
  • 相川高信  自然エネルギー財団 上級研究員   他

国際ウッドフェア2017について
国際ウッドフェアは林業に関わるあらゆる最新の機器、技術、情報が国内はもとより海外からも集まる国際展示会。自治体、国内外の林業従事者、メーカー、商社などが交流し、グローバル競争で勝ち抜く「攻めの林業」実現に向けた技術・ノウハウを習得する機会を創出します。初回となる今年2017年は県土の約8割が森林であり、豊富な森林資源を有する森林県の長野県で開催されます。


お問い合わせ

公益財団法人 自然エネルギー財団
〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 8F
TEL: 03-6866-1020 / FAX: 03-6866-1021
E-mail: conference※renewable-ei.org (※を@(半角)にして送信ください)