ワークショップ
地域の自然エネルギー導入に関する自治体ワークショップ
2017年7月28日

気候変動対策のさらなる推進に向けて、自治体のリーダーシップ・実践への期待が高まっています。その一方、近年、自然エネルギーの市場環境や技術、関連する国の政策・制度は、目まぐるしく変化しており、自治体担当者は、様々な動向を迅速に把握しつつ、地域の特性や実情に合わせ、政策を展開していく必要に迫られています。

そうした自治体を支援するため、公益財団法人 自然エネルギー財団は、盛岡市で自然エネルギー協議会の総会が開催される機会をとらえ、「地域の自然エネルギーの導入に関する自治体ワークショップ」を協議会と協働で開催しました。ワークショップでは、自然エネルギー財団より国内外の普及状況や政策動向に関する最新情報等を提供するとともに、自治体の政策担当者の皆様と、自然エネルギー導入に関する各地域が直面する課題と対策について議論しました。

このワークショップを皮切りに、自然エネルギー財団は自治体支援の活動を進めて参ります。


プログラム :

第1部
講演
 「世界の自然エネルギーの動向と日本での拡大に向けた取り組み」
 大野 輝之 自然エネルギー財団 常務理事
資料DL
第2部
グループ討議
 「地域における自然エネルギー導入の課題と対策」
ファシリテート:
 西田 裕子 自然エネルギー財団 気候変動グループマネージャ―
 北風 亮      同     上級研究員
 相川 高信     同     上級研究員


開催日 :

2017年7月28日(金)

会場 :

ホテルメトロポリタン盛岡

主催 :

公益財団法人 自然エネルギー財団、自然エネルギー協議会

対象 :

自治体職員


お問い合わせ

公益財団法人 自然エネルギー財団
〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 8F
TEL: 03-6866-1020 / FAX: 03-6866-1021
E-mail: info※renewable-ei.org (※を@(半角)にして送信ください)