国際シンポジウム
REvision2017 自然エネルギーが切り拓く未来
2017年3月8日(水)

 パリ協定の発効を受けて自然エネルギーの拡大がますます加速しています。特徴的なのは、世界の多くのトップ企業が、使用する全電力の自然エネルギーへの転換を進めるなど、民間企業が導入拡大を牽引していることです。"REvision2017"は、こうした取組みに焦点をあて、ビジネスが先導する自然エネルギー100%の動きを紹介し、日本での展開を考えます。
 また、自然エネルギー政策の第一線で活躍する世界的な専門家を多数お招きし、太陽光発電、風力発電拡大に関する最新動向をご紹介します。中国、インド、サウジアラビアでの自然エネルギーの発展にも焦点をあてます。
 "REvision2017"への皆様のご参加をお待ちしています。

日時 :

2017年3月8日(水)
10:00~18:00(開場9:30) ※日英同時通訳あり

会場 :

イイノホール
東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル4F
アクセス:http://www.iino.co.jp/hall/access/

主催 :

公益財団法人 自然エネルギー財団

参加費 :

無料
事前に登録が必要です(先着順に受付いたします)

プログラム(案)

*2017年2月10日現在。プログラムおよび登壇者は変更する場合があります。
*名前をクリックすると、プロフィールをご覧いただけます。
時刻 内容
午前
(10:00-12:30)
開会挨拶:
トーマス・コーベリエル 自然エネルギー財団 理事長

基調講演:
エイモリー・B・ロビンス ロッキー・マウンテン研究所 共同設立者・チーフサイエンティスト
志賀 俊之 日産自動車株式会社 取締役副会長、産業革新機構 代表取締役会長

セッション 1:ビジネスが自然エネルギー100%を先導する
モデレーター 大野 輝之 自然エネルギー財団 常務理事

小林正明 環境省 事務次官
エルヴィ・トゥアティ ロッキー・マウンテン研究所 マネージングダイレクター・ビジネス再生可能エネルギーセンター
ダミアン・ライアン クライメート・グループ 最高責任者代理
ステファン・シュリグ 世界未来協議会 気候エネルギー部門 ディレクター
ヘレン・フォン・ライス イケア・ジャパン代表取締役社長
他、産業界より
午後
(14:00-18:00)
セッション 2:飛躍する世界の自然エネルギー
モデレーター 大林 ミカ 自然エネルギー財団 事業局長

[基調] ティエリー・ルペック エンジー社 副社長
ドルフ・ギーレン 国際再生可能エネルギー機関(IRENA) イノベーション・テクノロジーセンター センター長
ダグ・アーラント 米国立再生可能エネルギー研究所 (NREL) 戦略的エネルギー分析研究所長
ディミトリ・ペシア ドイツ・アゴラエナギーヴェンデ 欧州エネルギー協力シニア・アソシエイト
スティーブ・ソーヤー 世界風力エネルギー会議 事務局長

セッション 3:持続可能なエネルギーシステムをアジアで実現する
モデレーター トーマス・コーベリエル 自然エネルギー財団 理事長

[基調] パディ・パドマンタン アクアパワー社 社長
リー・ジュンフェン 中国国家気候変動戦略研究・国際協力センター 教授
藤木俊光 経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部長
ラジェンドラ・アイエール ABB 社 グループ副社長
インド 新・再生エネルギー省(調整中)

閉会の辞:
末吉竹二郎 自然エネルギー財団 副理事長

お問い合わせ

公益財団法人 自然エネルギー財団
〒105-0003 東京都港区西新橋1-13-1 DLXビルディング 8F
TEL: 03-6866-1020 / FAX: 03-6866-1021
E-mail: info※renewable-ei.org (※を@(半角)にして送信ください)